Skip to content

事業場外みなし労働時間制における残業代の扱い

事業場外みなし労働時間制は出向の業務の都合で勤怠管理が行えない場合にあらかじめ業務内容に応じた残業時間を想定し、この時間に相当する残業代を給与の中に組み込んで支給する勤務制度です。その特徴として勤務時間にかかわらずあらかじめ設定した賃金が支給されると言う点がありますが、逆に業務の都合により残業時間が大幅に増加した場合であっても、あらかじめ規定した残業時間に相当する分以上は支給されないと言う点が問題となることも少なくありません。そのため事業場外みなし労働時間制は固定残業制と混同されてしまう面がありますが、実際には固定残業制ではなく残業時間をあらかじめ見越した給与体系となっているだけで、所定の残業時間を超えた分については支給されなければならないと定められているものであり、必要に応じて残業代を請求することができるようになっているのも大きな特徴となっています。残業代は本来実際に残業を行った時間に対して支給されるものであるため、働いた時間が長いければ長いほどより多くの人が支給される仕組みになっているものです。

事業場外みなし労働時間制の場合も同様で、長時間残業したと言う記録があればこれに対する残業代を払わなければならないことになっており、これを支払わない場合には重大な契約違反となることに注意が必要です。そのため、出向先で残業を行った場合にはこの内容を自分自身でしっかりと記録し、万が一残業代が支給されない場合には自らの記録管理の記録を踏まえしっかりと会社側に訴えることが非常に重要です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です